2世帯住宅を建てる場合の注意点~住宅購入失敗事例⑤~
お金

2世帯住宅を建てる場合の注意点~住宅購入失敗事例⑤~

, , , , ,

DATE:2017/02/14

三世代家族2

 

こんにちは、青森住まいラボです。

 

今回は住購入失敗事例5回目、2世帯住宅を建てる場合の注意点についてお話しします。

 

****************************************

 

2世帯住宅は予算オーバーになりがち

 

2世帯住宅を建てる場合は注意が必要です。

理由は予算をオーバーしやすいからです。

 

2世帯住宅を建てる場合、

 

父親は、『息子夫婦が頑張ってくれる』と思い、

 

息子さん夫婦は、『親父頑張るなぁ』と考えるのです。

 

そこで誰も予算の歯止めをかけてくれる人がいなくなり、一生に一度の事だからとオプションがどんどん追加されて、いつの間にか支払えない住宅ローンになります。

 

しかも、そのローンが支払えないと分かるのは、親御さんの退職以降です。

 

ライフプラン失敗

 

2世帯住宅は需要が無い=売れない空家になり易い

 

その後、困った事が起きます。

親御さんが亡くなった後は家の半分が空き家になります。

 

更に、その後困った事が起きます。

2世帯住宅を売ろうとしたら、中々売れないのです。

 

もし、2世帯住宅が売れやすかったら、2世帯住宅の建売があるはずです。

実際にはあまり見かけません。

 

2世帯住宅は需要がないために市場価値が低いのです。

中古で売った場合、一般(単独)住宅に比べると30%以上安くなります。

 

結果、空家問題を対策しづらい家になります。

 

空家対策とは、「貸して利益が出やすく、売りやすい状態を作る事」を言います。

 

新築を検討する際は、将来空家になることも想定して計画する必要があります。

  • 30分聞くだけで984万円得するはじめて家を建てる方のためのマイホーム&住宅ローン無料相談会
  • カタログ資料請求カタログ資料請求
  • 来場予約受付中WEBからイベント・店舗へご来場予約された方にQUOカードプレゼント!
  • EverHome
  • 3秒査定 青森不動産売却相談センター
福間 直樹

WRITER福間 直樹

不動産の相談をお受けするのが大好き!相談のハードルが高いほど使命感に燃えて、解決に向かって一心不乱に邁進する不動産マイスター。最近は、相続が争続にならないための相談が増えています。住宅購入の様々なメリットを世に伝える伝道師でもあります。