2世帯住宅と単独世帯、どちらがお得?
お金

2世帯住宅と単独世帯、どちらがお得?

, ,

DATE:2017/01/09

0000

こんにちは、青森住まいラボです。

田舎暮らしをしていると、2世帯住宅にしようか、単独世帯にしようかと悩むことが多いと思います。

そこで、『2世帯住宅と単独世帯、どちらがお得?』という題でお伝えさせていただきます。

 

2世帯住宅は資産価値が下がりやすい?

 

2世帯住宅と単独世帯を比べる場合、
2世帯住宅の方が資産価値が下がりやすい傾向があります。

理由は、需要が少ないこと。

買う人が少ないと、価格は下がります。
賃貸で貸す場合も、賃借人を探すのは大変です。

私もこれまで何度も2世帯住宅の販売をさせていただきましたが、買主がなかなか見つからず、とても苦労しました。

 

不動産は 『売りやすい=資産価値が高い』

 

不動産価値は、売りやすいこと=価値が高いことになります。

2世帯でなく、1世帯だと、誰でも買える価格で売りやすいかもしれませんが、2世帯だと建物も土地も分割できないため、

『売りつらい=資産価値が低い』、ということになりやすいです。

大きい土地は、小さく分譲して売り出すのもそういう理由です。
将来の資産価値を考えると、2世帯住宅より単独世帯の方が価値が下がりつらいのです。

 

単独世帯は空家問題にも強い

 

単独世帯は、

 

・売るにも売りやすい

(価格が誰でも買いやすい価格にできる)
・貸すにも貸しやすい

(メンテナンス費用も少なく、大きさの割に賃料も高く貸せる)

 

そのため、空家になりつらいのです。

 

 

ですから、2世帯住宅を作る場合は、資産価値以上のメリットがあるかをよくよく検討して進めるべきですね。

2世帯住宅にするか、単独世帯にするか、シミュレーションを無料で行っております。

お気軽にご相談下さい。

  • 30分聞くだけで984万円得するはじめて家を建てる方のためのマイホーム&住宅ローン無料相談会
  • 来場予約受付中WEBからイベント・店舗へご来場予約された方にQUOカードプレゼント!
  • イベント開催中イベント開催中
  • EverHome
  • マイホーム相談所
福間 直樹

WRITER福間 直樹

不動産の相談をお受けするのが大好き!相談のハードルが高いほど使命感に燃えて、解決に向かって一心不乱に邁進する不動産マイスター。最近は、相続が争続にならないための相談が増えています。住宅購入の様々なメリットを世に伝える伝道師でもあります。