収入が減っても住宅ローンの支払いで困らない理由とは?
お金

収入が減っても住宅ローンの支払いで困らない理由とは?

,

DATE:2017/02/16

空と家

 

青森住まいラボです。

 

住宅ローンの支払いをいくら家賃なみに抑えたとしても、それでも住宅ローンの支払いに不安な方もいるでしょう。

 

例えば、収入が減った場合、

 

アパートであれば、「安い家賃の家に引っ越しする」などと考えるかもしれません。

 

ところが、住宅ローンを組んでいる人は収入が減っても困らないようにできています。

 

理由は、平成9年12月に制定された、金融円滑化法

 

金融機関が、万一収入が減った場合でも柔軟に支払いを検討してくれるようになりました。

 

2013年3月には一旦法律が失効していますが、その後も各金融機関は同様な対応を宣言しています。

 

※住宅ローンのご返済に関するご相談金融円滑化に向けた取組みについて

(りそな銀行HPより)

http://www.resonabank.co.jp/util/soudan.html

 

結果として、競売にかけられる住宅が激減しました。

 

※金融庁パンフレット

金融庁パンフ

 

 

収入が減った時、アパートの大家さんに家賃交渉しても、下げてくれる可能性は低いですが、

 

住宅ローンを組んでいれば、毎月の支払いを減らしてくれるのです。

(もちろん、期間はその分長くなりますが)

 

最近は、親御さんが期間を延長した住宅ローンをお子さんに長期で借換えしてくれる金融機関も増えました。

 

先日対応したお客様も、息子さんが家を継いでくれて、毎月の住宅ローンが半分になったと喜んでいました。

 

住宅ローンは収入減少時に強い商品です。

覚えておいて下さいね。

  • 30分聞くだけで984万円得するはじめて家を建てる方のためのマイホーム&住宅ローン無料相談会
  • 来場予約受付中WEBからイベント・店舗へご来場予約された方にQUOカードプレゼント!
  • イベント開催中イベント開催中
  • EverHome
  • 3秒査定 青森不動産売却相談センター
福間 直樹

WRITER福間 直樹

不動産の相談をお受けするのが大好き!相談のハードルが高いほど使命感に燃えて、解決に向かって一心不乱に邁進する不動産マイスター。最近は、相続が争続にならないための相談が増えています。住宅購入の様々なメリットを世に伝える伝道師でもあります。